ナルサス漫画 ナルト×サスケ二次創作BL漫画「ぼくだけのきみ」 「ずっとあなただけのもの」第2部
  • 2016-12-24

アキ&ハル物語「ずっとあなただけのもの」【第2部】#30

000.jpg

★閲覧にあたってのご注意(以下ご了承の方のみ先へお進みください):

・ドラマCD「Your's for an hour ~はじまりは1時間から~」を基にした二次創作漫画です。ドラマCD制作側とは一切関係ありません。

・月陰秋(アキ・28歳)&陽本春(ハル・23歳)のBL物語です。男性同士の抱擁・キスシーン、半裸描写・下ネタ表現があります。

・画&ストーリーは音声だけのドラマCDから設定・挿絵を基にしつつ、個人的な想像&解釈で創作したものです。海外のNARUTOファンフィクション作品が原案なので、アキ&ハルはサスケ&ナルトの雰囲気で描いています。  


★ドラマCDの設定:
月影 秋(つきかげ・あき)・・・26歳の青年実業家。幼い時に両親を強盗に殺害され天涯孤独で育つ。簡単に他人に心を開かず陰で囁かれている別名は「氷の男」。数少ない友人に言わせると「ただ呼吸をしているだけ」の何事にも無関心な秋だったが、春と触れ合ううちに閉じていた心を少しずつ開いていく。
陽本 春(ひのもと・はる)・・・21歳の便利屋稼業の青年。5歳の時に母親と別れ養護施設・星野ホームで育つ。世の中への恨みから更生施設に入った経験もあるが、他人のために自分にも出来ることがあると気付いて便利屋を始める。
・水沢穂月(みずさわ・ほづき)・・・秋の数少ない友人で良き理解者。裕福な自由人。

・緑間水葉(みどりま・みずは)・・・穂月と同じく秋の親しい友人で外科医。
・秘書アドミン・・・社長である秋の秘書。感情の起伏が激しい秋の状態を空気の色で読む。
・星野園長・・・星野ホームの施設長で春の育ての親。
・小夏・・・秋と春がドラマCDのラストで飼い始めた碧い眼の黒猫。
【あらすじ】秋は仕事の依頼を通じて春と時間を重ねるうち、自分とは正反対でありながら似たような境遇で育ってきた春に親近感を覚え、徐々に強く惹かれていく。ある日、不良グループとの抗争から星野ホームに放火され弟分を死なせてしまった春が、突然連絡を断ったことで動揺する秋。・・・いつしかお互いに大切な存在になっていたことを知った二人。秋は春に同居を提案し、二人は秋の家で一緒に暮らし始める。


★二次創作「ずっとあなただけのもの」設定と第1部のあらすじ:
二人が出逢って2年、アキの家で一緒に暮らし始めて1年。アキ28歳、ハル23歳。ハルの便利屋業を資金面で援助するアキ。仕事に加えて家の事も積極的に手掛けるハル。順調に二人暮らしを楽しんでいたある日、アキが水葉と愛し合っているらしい場面に遭遇したハルは思わず家を飛び出してしまう。ハルにとってアキが「家族」以上のかけがえのない存在に膨らんでいたことに気付く。アキもまた、日ごとに募るハルへの想いに苦しんでいた。ある日、誕生日に苦い思い出しかないハルを励まそうと、アキは沖縄にある自分の所有する島に連れて行く。そこで心の奥に隠していたお互いへの想いを伝え合った二人・・・。


海外のNARUTOファンフィクション作品が原案なので、ここではナルサスパロディでアキ=サスケ、ハル=ナルトの雰囲気で描いています。アドミンは名前を亜土美月としてカリンの雰囲気で。水葉はサクラが基のようだけどドラマCDの声優さんの声のイメージから。穂月は基になっている水月で(浪川大輔氏が演じたけどワタシの脳内ではすっかり近藤隆氏(^^;)。星野園長も声優さんの声のイメージで描いています。アキの父の元秘書で今は沖縄の別荘の管理人をしている宇留地氏は「ずっと~」のオリジナルキャラです。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


001.jpg


002.jpg


003.jpg


004.jpg


005.jpg


006.jpg


007.jpg


008.jpg


009.jpg


010.jpg


011.jpg


012.jpg


013.jpg


014.jpg


015.jpg

(次回に続く

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


皆サマ、Merry Christmas・・・なんとかイブに「ずっとあなただけのもの」【第2部】スタートが間に合ったあとくろですゼーハー


クリスマスらしい雰囲気を出そうとしたらキラキラピカピカホワホワだらけになった・・・ クリスマスといえば、なんでだか子供の頃から淡く降り続く雪と街のイルミネーション、買い物客と行き交う車のクラクションで賑やかな通りをイメージする。実際には温暖な地域で生まれ育ったから雪のクリスマスは経験したことないし、冬の夜に繁華街に出たことなど数える程しかないはずなのだが、おそらくクリスマスをテーマにした古い洋画(「クリスマスキャロル」とか「34丁目の奇跡」とか)のイメージも混ざってるからだと思う。だから、そんな街の雰囲気と、どこからか流れてくるクリスマスソングと、きらきら光るイルミネーションを見ていると、なぜかわくわくとしてしまう


水葉、第2部にてやっとマトモに登場 病院の一人娘(ちなみに「緑間」という名字は、モデルになってるサクラの瞳が緑色だからかなぁ?)、穂月は水沢コーポレーションの跡取り息子とゆー設定デス(°_°)


第1部のどっかのコメントでも書いた気がするけど、ドラマCDでは水葉がお節介でハルをアキの元に強引に派遣したことを、アキが水葉の仕業だなというセリフのみで、脚本にはそれ以外どこにも水葉がハルを紹介したことを証明するくだりは出てこない。おそらくドラマでは水葉が紹介した設定になっているのだろうが、「ずっと~」ではあえて、それはアキの勝手な思い込みで水葉は知らないとゆーことにしてみた。そのほうが何だか二人の出逢いがさらにマジカルで、運命的・必然的な雰囲気が出るかなぁと思ったので


「ずっと~」ではアキは大人サスケ、ハルはハタチ前後のナルトの雰囲気(短髪じゃないケド)で描いて(るつもり)マス 第2部は、星野園長がハルに打ち明けようとしたこと、アキにはまだ話していない水葉の決心のことを絡めながら、アキとハルの絆がますます深まっていく展開にする予定デス


さて、チノの正体と過去が明らかになったこないだのアニサス、「サスケ真伝」最終話はまさかの年越しオォ チノも独りだったと聞いて、その苦しみが我が事として理解できるサスケ・・・チノにもう独りではないはず、ずっと傍にいた存在に気づくことだと小説では語るけど、それはサスケもずっと寄り添ってくれていたナルトの存在に気づけたから言えたセリフだったろう(・・・しかし何故にBGMが暁のテーマなのか・・・(-_-;))。


世界にはまだまだ知らない事、知らない一族、けれど同じような苦しみ・悲しみを抱えている人達がいること、そのことに先祖や同胞、もしかしたらイタチも関わっていたかもしれないことを見つけること・・・原作のサスケはおそらく、老いても里に落ち着くことはないのかもしれない。ナルトと共にずっと里の内側と外側で支え合うスタンスなんだろな。(・・・ところで「サスケ真伝」は「ザ・ラスト」の後の物語のはずなのだけど、「ザ・ラスト」ではサスケはジプシーみたいな放浪者みたいなカッコしてたけど、「サスケ真伝」ではナルトとの和解後に里を出た時と同じカッコに戻ってる??


やっぱり「BORUTO」テレアニで始まる 4月スタートだから、それまでOAのアニナルは「NARUTO」から「BORUTO」へのシフトのためのストーリーが中心なんだろね 主人公がナルトとサスケの子供達の世代になっても、でもやっぱり「NARUTO」の続編として、ナルトとサスケも登場することを期待して観るだろな 春のOAが楽しみ



★ランキングに参加しています★


テーマ : BL全般
ジャンル : サブカル

  • 2017-01-05

アキ&ハル物語「ずっとあなただけのもの」#31

000-1.jpg

★二人の穏やかなイチャらぶ日常:ハルのナレーション。

016.jpg


017.jpg


018.jpg


019.jpg


020.jpg


021.jpg


022.jpg


023.jpg


024.jpg


025.jpg

(次回に続く

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


2017年、明けましておめでとうございますあとくろですっ

いつも当ブログを訪れていただき、相変わらずの作品を読んでいただき、ランキングやpixivなどにてフォロー&ブクマ&評価ポチなどなどなどっ、応援ありがとうございますヽ(´∀`)ノヒッャホーイ

2017年もナルサスワールドの隅っこで、ちまちまとナルサスらぶ物語を描かせていただくんで、引き続き、または新たに、萌えに共感していただけたら幸いですっ よろしくお願いします~


・・・って、もう正月も5日だよ・・・もう仕事も始まったよ・・・なんで休みとゆーのはあっちゅうまなんだろね(笑) つか、2017の年賀イラストも描いてない つか、正月休みも「ずっと~」の本編描くのに費やしてて(大して進んでナイが・・・)、んで今回冒頭でアキとハルの初詣のシーンを描いたので、これが年賀代わりとゆーことで・・・(;'∀')ナハ


ドラマCDでアキは「偶然とか運命とか占いとか、俺はそんなもの信じない」と言っている。人間とは過酷な状況だと他人や天を恨みたくなり、幸福だとありがたいと思うものだが、アキも長い間感謝などする気にはなれなかったろう。でもハルと両想いになれて、自分がこれまで否定してきたものに感謝してみたくなるほどに、アキの心は満たされてきたのだ。初詣始め参拝とは、お願い事をするためではない。自分が受けている恩恵に感謝をするためのものなのだから。


正月といえば、2015年の正月に「ザ・ラスト」の映画を観に行ってから、同人作品の存在を遅ればせながら知ったワタシ・・・わあぁぁ、2年経ったよ(((;゚Д゚)))オドロキ

最初はナルヒナに萌えたけど、その後すぐにソラノさんのサスナル作品に衝撃を受けて、そこからemiサマのナルサス作品にさらなる大衝撃を受けて、それからはナルサスらぶの日々・・・この2年間は夢のような現のような、多次元を行き来しているような、なんかフシギな感覚だった(今もね(^^;)。


元旦の初NARUTOは「BORUTO」OA(夜中だったんで観なかったケド)、んでっ今日はサスケ真伝の最終話だった ・・・やってくれたよアニサス制作スタッフの皆様・・・感謝感激で号泣・゚・(つД`)・゚・アリガタヤアリガタヤ 小説とは順番変えただけでね、ポイントは全部しっかり押さえていただきました サスケがコロシアムで挑戦者達と闘って解放するシーン(終わった後だけど、サスケの圧倒的な強さが証明された)、エーがナルトがかつて雪の中でサスケのために土下座したことを話すシーン(感謝と礼儀を表すようになったサスケに感動。゚(゚´Д`゚)゚。)、チノと御屋城が実の親子だったこと・・・。


里を離れていてもサスケは里を守る警務部隊だとナルトが伝えるところ(大人のナル君カッコイイハウハウ)・・・サスケのセリフ「俺を救い出した友がいる」(→ナル君よねっ)「互いを痛み合うことができる友がいる」(→ナル君だもんねっ)、ナルトはナルトでサスケを信頼しきって「愛してっぜ」ってカオしてたよねっ・・・やっぱどっから見てもNARUTOはナルサスっしょ~(´∀`*)(笑)


次回からシカマルを中心として六代目火影の御代の物語。小説読んでないんで真っ新な状態で観るってばよ~ ・・・はぁ~、しばらくサスケは登場しないわねぇ でもシカマルとテマリの恋模様をチラッとでもやってくれたら嬉しいカモ(笑)

 

ところで、最近の少女漫画にうといワタシのためにと、娘が「ママ、これ面白いよ~」と色々情報をくれて、興味を引くものとか画が好みのとかをチラ見して(ハマルとハマった自分が怖いんで(笑)、NARUTOを凌駕するほどハマらないように警戒しつつ)、娘と一緒に楽しめるものを選んでる。中でも(ちょっと前の作品になるケド)「神様はじめました」(作:鈴木ジュリエッタ)はよかった 画もストーリーも最高にイイんだけど、作者の緻密な構成力に思わず膝を叩いてしまう(注:この後少しネタバレあり↓)


家族も家を失ったヒロイン・奈々生(ナナミ)が、通りがかりに助けたミカゲから神社を譲られたことからストーリーは始まるんだけど、一見偶然で「漫画だからでしょ」と言いたくなるような出来事もちゃんと最初から計算されていたことだったのだと、最終話まで読んで全体が大きなサイクルになっててすべてが繋がっていたのだと腑に落ちて、作者の力量に唸りたくなる。NARUTOもそうなんだけど、人類とか世界とか宇宙観みたいなものが物語の背景にあって、登場人物の恋愛模様を通してそれらがなぞられている作品に、多くの人は知らずとも惹かれるのではないだろうか・・・それはたぶん、人間には遺伝子の中にそういった要素の共通のデータベースを持っていて、そこに共鳴するからだと思う。


妖狐・巴衛(トモエ)を救うため500年前に時渡りをした奈々生を、愛を知らなかった巴衛が愛するようになっていく仮定、いつになるのかわからない未来で再会する約束をして別れる時の巴衛の切なさ、500年の時を超えて「やっと俺のものだ」と花嫁姿の奈々生を抱きしめる巴衛に胸がぎゅーーーっっと絞られて、涙が出てしょうがない


「500年」と数字で書くのはカンタンだけど、1年間で経験する事×500年分なので、読者はなんとなくでもそれがどれほど長くて壮大な時間を要することなのかが判るから、長い時間を経て無事に想いを結んだ二人に感動するのだ。そして、この500年の間、代々女児しか生まれなかった家系の末裔である奈々生に、巴衛との間に男児が誕生したことは、二人が再会するまでの長かった生命と時間を繋ぐ先祖達によるリレーは目的を遂げ、終了したことを意味する――ここにも作者の大きな意図が隠されている気がしてならない。


NARUTOも背景にそういった大きなデータベースがあって、まだ提示されていない色々な謎もBORUTOを通して読者は知ることになるのだろう。NARUTOは少年漫画なので基本は戦闘もので、戦闘を通して友情・同志・愛といった大きなテーマが描かれていて、「神様~」は少女漫画なので恋愛が主体のテーマ(女子はそれが大事だもんね)で、恋物語を通して背後にある大きなテーマが描かれている。現在とは過去の清算のためにあり、また未来への新たな創造の種を蒔くためにあり、過去も未来も現在も別々のものではなく時間という一本の線でつながった一つのものであり、それが大きな輪となって宇宙を形成している。


まぁただ、ワタシにとってBLはやっぱナルサスだけだな。「神様~」でもBL要素は探せばあるだろけどワタシの中ではナルサスほどにはならない(大体、これは原作が超完璧過ぎてBLにしろそれ以外にしろ、二次創作の余地はワタシには見えない(^^;)。 だからナルサスはワタシの中では特別なのだ。ナルトとサスケだからこそ萌えるものがワタシの中の炎を燃やし続けている。おっと、BORUTOカレンダーめくったショタナルサス BORUTOといいながら、こいつにもナルサス要素が詰まってる~ムフムフ~(笑)



★ランキングに参加しています★


テーマ : BL全般
ジャンル : サブカル

  • 2017-01-12

アキ&ハル物語「ずっとあなただけのもの」#32

000-1.jpg

★二人の穏やかなイチャらぶな日常:アキのナレーション。

026_20170304195439839.jpg


027.jpg


028_2017011220191039a.jpg


029.jpg


030.jpg


031.jpg


032.jpg


033.jpg


034.jpg


035.jpg


036.jpg


0-037.jpg


038.jpg

(次回に続く

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


「サスケ真伝」からこっち、すっかりサスケちゃん呼ばわりのあとくろですナハ


前回はハルのモノローグ中心でしたが、今回はアキの語り。初めての夜を共にした翌朝、二人一緒に飲むモーニングコーヒー・・・古くないか?このパターン


「来ないならこちらから行く」は、NARUT-Ⅰの中忍試験でサスケvsガアラの試合でのサスケのセリフ。こりゃベッドの上で言わせないとねっ(笑) 今夜こそは積極的にリードして・・・と意気込むんだけど、いざその時になると頭の中が真っ白になるアキ・・・


昔、どこかの国の孤児院で実験があったそうだが、設備は充分ではないけど施設の職員と孤児との触れ合いが多いのと、設備は充分だが触れ合いが少ない環境下では、後者の子供達のほうが元気が無く死に至る例が多かったという。食事や睡眠が満足に摂れていても、人間は愛情を与えられなければ生きていけないのだ。身近な大切な人からの愛情に飢えていた子供時代を過ごした二人だから、密度の濃い触れ合いを貪欲に求めるのだが、愛情の交換をほとんどしてこなかったアキはベッドの上でのイニシアティブの執り方がわからない・・・とゆー設定デス(それもまた萌えなんだケド


さて、ドラマCDの中で、アキがハルに本棚の整理の仕事を依頼するシーンがある。これは2通りに受け取れる。1つは些細な仕事でもいいから見つけ出して、何とかハルを家に呼びたいアキの心情を表すもの。もう1つは二人が想像する「本棚」の違い。ハルはフツーの本棚をイメージしてたけど、アキの家はデカイのだから本棚だってきっとフツーの大きさではなかろうと想像し、そんならいっそのこと図書室と呼べるほどの部屋があってもいーかとさらに想像し、アキはそれらをハルに整理させようとしたと想像 ここに前者のアキの狙いもしっかり入ってて(笑)、手のつけられなかった(触れたくなかった)山のような本とハルを格闘させることでハルを拘束できるオホホ


「孝太」はドラマCDでチョイ役で出るハルの仕事を手伝う(おそらくホームの)後輩。年齢不詳だがここでは間もなくホームを卒業する年齢にして、引き続きハルの仕事を手伝っている設定にした。二度とサトシ達(ハルのホームの後輩で、不良同士の抗争が過激化した放火事件で死亡)のような悲しい目に遭わせまいと、ハルは後輩達を実社会で自立させる役も引き受けている。


ドラマCDではアキが事件で両親を失った後、どのようにして成長したのかまでは語られていない。穂月が「働かなくてもいいご身分で、趣味で会社経営をしているようなもんだろ」と皮肉るセリフがあるので、アキはもとから裕福な環境に生まれ育ったのだろう。日本の常識を当てはめようとすると筋書きに無理が生じる気がするのは、海外の二次創作が原作なので、おそらく外国の遺産相続や孤児の養育システムとかが物語の裏で絡んでいるのではないかと思う。日本なら両親という養育者を失った子供はまず血縁者に身の振り方を委ねられるだろうが、アキは自分は天涯孤独だと言っている。血縁者がいないなら児童施設に入ることになるがそこもはっきりしない。アキが星野ホームへの寄付をはじめ慈善活動をしていたのは、似たような境遇の子供達に協力したかったのかもしれないし、自分もかつて数年間そこで暮らしたのかもしれないし、あるいは結局入らなかったが入ったかもしれないから・・・という心境てだったかもしれない。


アキは事件前後のことはよく憶えていないようで、「思い出そうとしても真っ白な空間が広がって」と語っている。この記憶の無い期間のアキのエピソードもいつか創作してみたいと思ってて、財力のある環境なら思い切って日本を離れることも可能かなぁと、アメリカへ留学していた・・・とゆー設定にしてみた。登場人物が少ないと物語が進まないので(^^;、天涯孤独といいつつもアキが忘れている誰かがからんでくる予定・・・あっ、基本はナルサスいちゃらぶ物語デスっ またいつものよーにいろいろとぶっとんで道を逸れるカモだけど、基本はいちゃいちゃBLです(笑)


さてさて、今週のアニナル・・・いやシカマルがメインだから「アニシカ」か??(笑) 大戦から2年後、六代目火影カカシの御代。下腹が出てきたってカカシ先生ヤメテー(;゚Д゚)(笑) ナル君のいでたちを見ると「ザ・ラスト」と同じ時期なんだろね。ナルトは大戦の英雄だから火影になったんじゃなくて、火影になるために、またシカマル達がナルトを火影にするために、時間をかけて実績を積み上げて、努力の積み重ねの結果、七代目に就任したんだね 火影になってからの多忙さは映画の通りだけど、火影になるまでのナルト達の奮闘をこのアニシカで見せていただけるかなぁと期待 あっ、あとシカテマ、サイいのとかみんなの恋模様もね テマリに殴られるシーン、二人の結婚後の姿が垣間見えた気が・・・(笑) テマリちゃんも大人っぽくなったオオゥ


ところでⅠ部ナルトの木の葉崩しのシーンで、大蛇丸ってミナトまで穢土転生させようとしてたんだね(゚д゚) ヒルゼンが何とかそれは食い止めたけど。でも死神の腹の中に入ったミナトは穢土転生させることはできなかったとカブトが言ってたよーな・・・(・∀・)アレチガッタ?



★ランキングに参加しています★


テーマ : BL全般
ジャンル : サブカル

プロフィール

あとくろ


ペンネーム:あとくろ
ナルサス現パロいちゃらぶ漫画に萌え♥何でもナルサス脳で変換して見てしまう主腐ママっ(/・ω・)/シュビッ♥30年ぶりに漫画描きに再挑戦してコツコツ描いてはアップ中♥

閲覧にあたってのご注意
・NARUTOファンの個人による二次創作品/Fan Fictionです。原作制作側とは一切関係ありません。
・ナルト×サスケのBL漫画です。男性同士のキス・抱擁描写があります。
・登場人物の名前は当て字です。性別・年齢・相関図なども原作とは異なりアレンジしています。
・下ネタ表現、半裸描写、たまに暴力・流血シーンがあります。苦手な方はご注意ください。
・一般商業作品や、同人作品を紹介をする際は、ある程度のあらすじを添えており、部分的にネタバレがあります。
・絵・構図・構成などのクオリティは日々精進中。
*以上をご了承の方のみご閲覧ください。
*お願い*
このブログ内の画像・文章の転載・転売、他サイトからの被リンク・ブックマークサイト等への登録はご遠慮下さいますようお願いします。
★あとくろが登録・管理しているのは、新ブログ(FC2本館・別館)・旧ブログ(goo)・にほんブログ村・ブログランキング・pixiv・twitterの7件です。それ以外のサイトのあとくろブログURLは全て無断リンクです。被リンクのお申し出もお断りさせていただいています。以前YouTubeにも作品をアップしていましたが現在は削除しています。
*Precautions*
Hello, nice to meet you. Thank you for visiting this blog. Please do not reprint the text and image in this blog. Please do not be resold. Please do not link put the URL of this blog to other sites. Please do not register the URL of this blog to bookmark the site, and the like.

*P Re o Uchion s
Hola, gusto en conocerte. Gracias por visitar este blog. Por favor, no vuelve a imprimir el texto y la imagen en este blog. Por favor, no ser revendidos. Por favor, no vincular poner la URL de este blog a otros sitios. Por favor no se registre la URL de este blog para marcar el sitio, y similares.

*P Re или Uchion s*
Привет! Рад тебя видеть. Благодарим Вас за посещение этого блога. Пожалуйста, не перепечатать текст и изображение в этом блоге. Пожалуйста, не перепродавать. Пожалуйста, не используйте ссылку поместить URL этого блога на другие сайты. Пожалуйста, не зарегистрировать URL этого блога в закладки на сайте, и тому подобное.
カテゴリ別記事一覧
作品紹介
★「ぼくだけのきみ」第1部(Ep-1~7.3):火影高校3年生・陸上部のエースのナルトと秀才生徒会長サスケの現代学園パロ。
★「ぼくだけのきみ」過去世篇"ひとつぶの涙":江戸時代末期が舞台の時代劇パロ。
★「ぼくだけのきみ」番外編:本編からはみ出したショートストーリー集。

★「ずっとあなただけのもの」:ドラマCD「はじまりは1時間から」の二次創作。青年実業家アキ(サスケ)と便利屋ハル(ナルト)のドラマCDより数年後の物語。
その他あとくろ管理ページ
最新記事(更新日降順)