ナルサス漫画 ナルト×サスケ二次創作BL漫画「ぼくだけのきみ」 過去世篇~ひとつぶの涙~
  • 2017-03-30

ナルサス漫画「ぼくだけのきみ」過去世篇~ひとつぶの涙・第1章~その1

000_20170326045403e82.jpg

★「ぼくだけのきみ」ナルト&サスケの過去世、江戸時代末期に生きた鳴門と佐助の物語。

001_20170326045417b7f.jpg


002_2017032604542982d.jpg


003_201703260454433ab.jpg


004_20170326045459d39.jpg


005_20170326045513efa.jpg


006_2017032604553198f.jpg


007_201703260455530ed.jpg


008_201703260456043e5.jpg


009_2017032604562037e.jpg


010_201703260456340a0.jpg


011_20170326045646ada.jpg


012_20170326045703a37.jpg

(その2へ続く)

++++++++++++++++++++++++++++++++


こんにちは、あとくろですっ(/・ω・)/ いつか描きたいと思ってた「ぼくだけのきみ」のナルト&サスケの過去世の物語、スタートしました~


過去世の有無については人それぞれ信じる信じないがあると思うけど、時代劇を描いてみたかったのでここでは二人の過去世という設定にしてみた。時代劇と言いつつも時代背景の設定や装束などの風俗の描写なんかは史実に忠実ではなく、いつもながら実に大まか^^; いちゃらぶシーンが何より重要で主体なんで、少しずつ維新の動乱へ向けて動き始めている時代を象徴するかのような人物や背景なんかが登場しつつ、いつもの通りフィクション全開の展開 モブには相変わらず愛がナイ まぁ服装や髪型がなんとなくそれっぽけりゃいーかっっ ・・・とゆー程度なんで、いつも通りの画とストーリー展開になると思いマス~(笑) 


あらすじは、鳴門は日輪寺に身を寄せる孤児の小坊主、佐助は里の領主の息子で幼馴染。年頃になった時、衆道の契りを結んだ仲 やがて陰謀に翻弄されて別れ、そして再会、Ep-4「しるし」の昔語りのシーンで描いた鞍馬山で鳴門が妖狐・九尾と出逢うまで。途中から佐助は女装姿で登場し、ラスト近くで鳴門を置いて死にます・・・ ストーリーを考えるうち、「しるし」を描いた時とは設定に若干の変更・ズレがあるかもなのはご容赦 哀しい物語になると思うんで予めご了承ください 


江戸時代と一口に言ってもおよそ300年、細かく掘り下げれば前期・中期・後期で風俗的な事にも違いはあるのだが、ここでは当時の大体の雰囲気が画からくみ取ってもらえればいいかなぁという程度にしている。また、井原西鶴の「男色大鑑」(漫画化されてるが西鶴の原文のほう)など江戸時代の色事事情か書かれた書籍も参考にした。「男色大鑑」は短編集で、ほとんどが武士や芝居役者が主人公。大衆向けのもので、現代に例えていえば一般市民が皇室・政治・芸能界の人々の一挙一動に興味津々なように、当時の彼らにとってはそういったベールの向こう側に垣間見える世界の人の物語が面白かったのだろう。武士社会の念者と美少年の死を賭けた恋の物語には赤い血が華を添え、役者の栄枯盛衰の様は頂点の歓びとどん底の虚しさが描かれ、きっと当時の読み手はドキドキハラハラしながらそういった世界で生きる人々の人生の片鱗を仮想体験したのではと思う。


武士の念者と少年という組み合わせは、武家社会では当たり前のことだったようだ。男しか足を踏み入れられない戦場においては自然と男同士で情を掛け合うようになり、年上が年下(特に若く美しい少年)を護り、年下は年上に忠誠を誓った。それらは単なる色事情に留まらず、時にお互いのために命を賭ける義であり「衆道の契り」と呼ばれるものだった。現代の常識から見れば狂気の沙汰ではあるが、「一生一人」を貫くこと、それが「本物の恋」であり、共に死すことは永遠に一体であるための究極の関係性の選択だったのだろう。愛する人と永遠に一体となるというのは、人間の普遍的な願望ではなかろうか。


恋人を持たない美少年は夫のいない女と同じだと西鶴は言っている。決まった相手がいないといろんな輩が言い寄ってきて、美少年をめぐっての念者同士の命がけの争いが絶えなかったからだ(いつの時代も男も女も美しく生まれると何かと大変・・・^^;)。それは武士社会のみにあらず、禁欲であるはずの寺社会でも同様だったらしい。元々、男色は女人禁制が絶対だった寺社会で始まったといわれる。女性との恋は禁じられても同性ならよかろうと、まだ剃髪していない稚児(見習いの小坊主)、特に美しい少年達に密かな欲望の矛先を向けた。出家者といっても仏に心底仕えるために出家したのではなく、よく時代劇のドラマでもあるように帝や将軍の横腹の子が跡目争いに加われないようにするためとか、夫を亡くした妻が二夫にまみえないようにするため尼寺に送られるとか、他に行く所がないなど世俗的な事情によるものが多かっただろうから、禁欲なんてのはおそらく表向きだけで、その裏では世俗世間同様に色恋沙汰が繰り広げられていたとみえる。


最期は華々しく死ぬかうらぶれて寂しく死ぬか、とにかく物語の大半が死ぬことで終わる「男色大鑑」の中でワタシが最も好きになったお話は、若衆と呼ばれる美少年の人気役者の二人が、寺社会の裏側の騒動にも巻き込まれることのない田舎の小さな寺で出家して、ずっと仲睦まじく暮らしてめでたしめでたしというもの。役者の人気とは若く美しい盛りを過ぎると継続は難しい。多くの若衆役者達は命を削ってそれを維持しようと努めるが、主人公の少年はやがて薹が立ち人気が衰えていくだろう自分の行く末と、そんな役者社会の仕組み自体に虚しさを覚えて、人気絶頂の時にいきなり髪を下ろして寺に入る。その彼を追いかけて彼と契りを結んでいた同じ若衆の美少年役者も寺に入った。その彼らを追いかけてファンの少女が寺に押しかけ自殺未遂騒ぎまで引き起こすが、そんな騒動をよそに寺の中に引きこもり世間との接点を一切断ち、終生二人だけの世界を守り抜いた一貫した姿勢と、世俗の基準や誉を切り捨てた潔い彼ら二人の姿が(それが昔は出家という形でしか叶えられなかった(;_;))、ワタシのナルサスと重なって何とも安心したのだ 


あと、サブタイトルの「ひとつぶの涙」はKiroroの曲からお借りした ここでも歌詞の中に「二つ並んだ星」が出てくる(笑) アニナルのEDでもあったけど、並んで空に輝く星とは前述した普遍的な願望の象徴だと思う。「さよならを上手に言えない私は明日へ飛べない鳥」というフレーズが、鳴門が流す涙は一粒どころじゃ済まないんだけど、佐助に先立たれた後、呆然と彷徨う鳴門の気持ちそのままのようで切ない・・・


佐助は最期死んでしまうけど、それをきっかけにして残された鳴門が来世に願いを繋げ、過去の恋の続きを現代に転生してまで沿い遂げたいという強い想い、それほどに切望した恋、愛する相手と永遠に一体でありたいという普遍的な願望をテーマに「ぼく~」のシリーズを描いてきたつもりなので、ここではしばし悲しい結末となってしまうけれど、悲しいままでは終わらせないので(たぶん・・・)最後までお付き合いいただければ幸いです



★ランキングに参加しています★


テーマ : BL全般
ジャンル : サブカル

  • 2017-04-06

ナルサス漫画「ぼくだけのきみ」過去世篇~ひとつぶの涙~その2

000-1_20170326080542f7c.jpg

★身無し児で寺の小坊主・鳴門と領主の次男・佐助は仲良しの幼馴染。剣の修行のため近々里を出る予定の佐助だったが鳴門は不安で・・・。

013_20170326045744bb5.jpg


014_20170326045756df2.jpg


015_20170326045810e7c.jpg


016_20170326045830db7.jpg


017_20170326045842ff7.jpg


018_20170326045902292.jpg


019_20170326045917441.jpg


020_201703260459344e6.jpg


021_20170326045949511.jpg


022_20170326050001442.jpg

(その3へつづく)

++++++++++++++++++++++++


ブルーライトカットメガネのお陰で目の疲れが激減したあとくろです、こんにちはキラーン 目の疲れから慢性的な頭痛にも悩んでいたけど、このメガネすっげーーーっっ PC作業がひたすらに続く職業病と諦めていたからありがたい


つかそんなコトよりっ観ましたアニボル ボルトもシカダイもカッコよかったぁ~ 木の葉の里も電車が走って近代化。ナルトが小さかった頃も平和になった今も悪ガキはどこにでもいるんだな(^^; ヒナタ、ナルトとの出逢いを何度も子供たちに話してんのか・・・ワタシも娘から「何回も聞いた」とか言われるコト多々アリ(笑) ナルトがどんなにスゴイのかわかってほしーんだよね


冒頭のカワキと対峙してる大人になったボルト、なんかすっげカッコイイってばよ・・・ドキドキ 右目にカカシと同じように傷が入ってて、ここぞという時に瞼を開けば白眼が 忍者も宇宙っぽい時代に突入なんかなぁ ボルトは今ンとこまだ自覚してないみたいだけど、映画でも白眼のことは出てこなかったよね?? 前にもどっかで書いた気がするケド、ボルトとサラダが結婚して子供が生まれたら、その子は白眼と写輪眼を持つんだろね?? 果てしなく物語は続いていく・・・すげー・・・


入学式でのナル君の訓示を聞きたかった(笑)(今から入学とゆーと6歳の設定なのか?? ナルトがアカデミー生だった時よりずっと大人びて見えるケド・・・) でもやっぱしね、ボルトやシカダイがどんだけカッコよくてもね、ワタシのBLはナルサスだけだな(´∀`*;)ゞ


池ボルのサスケ、スゲー男前になってきて色っぽくて、ナルサス脳で変換して読んでしまうじゃねーかよー・・・(*´~`*) 映画にはなかったシーンやセリフがたくさんあって、あーナルホド、そーゆー意味であのセリフがあったのね~とかそんな発見があってgoo


さて、今回の「ひとつぶの涙」――時代劇を描きたいのに画力が追いつかんくて、たぶんあんまシャキッとしたのは描けないカモだなぁ・・・スンマセン(;'∀')


鳴門は遊女と異人の客の間に生まれた子、という設定。当時の日本は鎖国中だったので異国との接点は異国人の出入りが認められていた場所・・・それなら丸山遊郭かなぁ~とゆー安易な?発想から 鳴門は寺で世話になっている小坊主なんだけど、修行はサボるし魚を釣って食うし、年頃になったらエッチなこともするしで戒律破りまくり(^^; 近くの石を動かすと滝の水が割れて洞窟の入り口が現れる仕掛けなんだけど(画力がついていかねーので)ここで解説しとこう 青太と萬多は原作でサスケが口寄せする蛇・アオダとマンダを擬人化してみた


ナル君とサスケの褌姿、また別の時にじっくり描こう・・・ムフムフ 褌って・・・いや、漢字だとなんか色っぽさがないな・・・ふんどしって色っぽくていいわぁ~・・・ウヒ(*´з`) 時代劇とかでね、男の人が着物の裾をまくって走ったりするシーンとかでね、ふんどしの端っこがチラッと見えるアレも好き(笑)



★ランキングに参加しています★


テーマ : BL全般
ジャンル : サブカル

  • 2017-04-13

ナルサス漫画「ぼくだけのきみ」過去世篇~ひとつぶの涙~その3

000-1_20170326080542f7c.jpg

★溺れた佐助を助けた鳴門は、隠れ家にしている洞窟で介抱する。

023_201703260500243e7.jpg


024_2017032605003842a.jpg


025_2017040704461247e.jpg


026_20170407044634eb4.jpg


027_20170407044652bd2.jpg


028.jpg


029_20170407044725279.jpg


030_201704070447497b3.jpg


031_201704070448008e3.jpg


032_20170407044811635.jpg


033_201704070448227d8.jpg


034_20170407044833218.jpg


035_20170407044844e5e.jpg

(その4へ続く)

++++++++++++++++++++++++++


ナル君には晒と半丈の股引が似合うと思って描いてみたら・・・案の定萌えて悶えているあとくろです(笑)  うむ、時代劇版ナル君の定番にしよう(`∀´)キラーン


満開の桜が美しい季節になった・・・ でも花冷えの連日ですな~ 春の花といえば桜、木蓮、雪柳、沈丁花、フリージャ、チューリップ・・・でも春の始まりには水仙 契りの話を持ち出した佐助が持つのは水仙の花・・・美少年と水仙の組み合わせは、ギリシャ神話の美少年ナルシスが死んだ跡に咲いたのが水仙と伝わることから。花言葉は「自惚れ」「自己愛」なんだけど、すっくと伸びた茎と葉、その先に凛と開く花びらが美少年の立ち姿をイメージさせるらしく、ワタシも水仙の清々しい香りとシンプルな容姿が好きなんで、二人の密事に添えてみた


義兄弟の契り全部が全部、身体の繋がりを要する衆道の契りとは限らないと思うケド、ここではあえてそれを含めて「義兄弟の契り」とした。また、月食・日食は太古より近代まで不吉な前兆とされていたので、物語のエッセンスに使うことに。当時の髪型にするとフガクとミコトらしくないので原作通りにした(;'∀') 武家の奥方の髪型にしては平安~戦国時代っぽいカンジ 佐助の旅立ちの侍装束も狩装束を混ぜたりしてアレンジしてみた(//>ω<)


アニボル、親の七光りといえば「ガラスの仮面」の姫川亜弓も、成功しても失敗しても自分の能力ではなく親の力とみられてしまうと怒っていたっけ。ナルトももし四代目の息子だと里に公開されていたら皆からの扱いも変わったかなと思ってたけど、それでもやっぱり四代目の死と引き換えに生き残ったナルトへの扱いは変わらなかったかもしれない。


ところで、娘がナルト公式の番外編?音声ドラマがYouTubeで公開されていると教えてくれたんで(相変わらず時勢に疎いワタシ(-_-;))早速聴いたら・・・笑った笑った!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ イケメン好きの女スパイから情報を聞き出すために仮初めのホストクラブを設営、カカシ・サスケ・ガアラがホスト(人気投票トップ3らしい)、シカマルが店長になって色仕掛けで女スパイと思われる中年女を接客(二次創作にありそーな内容(笑))・・・しかし、火影カカシと風影ガアラ、こんなんやっててええのん?? カカシってばマスク取って接客したんかな???(笑)


ナルトも張り切ってホスト役に挑戦しようとしたケド裏方役と聞いて憤慨(笑) サスケばかりがいいカッコするのも気に入らなくてシカマルに突っかかるケド、いつもながら??3枚目のギャグ飛ばし役(笑)


サスケは超カッコイイ~ 「ババアの機嫌取りなんて」と拒絶するが、輪廻眼まで持ち出してくどいてるよ(とっとと終わらせたいんだろな;'∀') 任務だと割り切ってるんだろーけど、相手を前にしてくどくセリフはチャラスケ要素やっぱあるんじゃね?? サスケとチャラスケでは硬派か軟派かというだけで基本は同じなんかもな(笑) ナルサス脳で変換して、ナル君をくどいている・・・と妄想(笑)


現代のホストクラブは江戸期以前では陰間茶屋に相当するんだろか・・・時代は変わっても人の色事は変わらないんだろな(^^;



★ランキングに参加しています★


テーマ : BL全般
ジャンル : サブカル

プロフィール

あとくろ


ペンネーム:あとくろ
ナルサス現パロいちゃらぶ漫画に萌え♥何でもナルサス脳で変換して見てしまう主腐ママっ(/・ω・)/シュビッ♥30年ぶりに漫画描きに再挑戦してコツコツ描いてはアップ中♥

閲覧にあたってのご注意
・NARUTOファンの個人による二次創作品/Fan Fictionです。原作制作側とは一切関係ありません。
・ナルト×サスケのBL漫画です。男性同士のキス・抱擁描写があります。
・登場人物の名前は当て字です。性別・年齢・相関図なども原作とは異なりアレンジしています。
・下ネタ表現、半裸描写、たまに暴力・流血シーンがあります。苦手な方はご注意ください。
・一般商業作品や、同人作品を紹介をする際は、ある程度のあらすじを添えており、部分的にネタバレがあります。
・絵・構図・構成などのクオリティは日々精進中。
*以上をご了承の方のみご閲覧ください。
*お願い*
このブログ内の画像・文章の転載・転売、他サイトからの被リンク・ブックマークサイト等への登録はご遠慮下さいますようお願いします。
★あとくろが登録・管理しているのは、新ブログ(FC2本館・別館)・旧ブログ(goo)・にほんブログ村・ブログランキング・pixiv・twitterの7件です。それ以外のサイトのあとくろブログURLは全て無断リンクですので既に削除された記事など古いものがほとんどです。あらかじめ被リンクをご確認いただける良識ある方からのお申し出も全てお断りさせていただいています。以前Youtubeにもアップしていましたが既に削除していますのでBL動画まとめサイトなどにあとくろ動画のURLがあっても無効リンクです。
*Precautions*
Hello, nice to meet you. Thank you for visiting this blog. Please do not reprint the text and image in this blog. Please do not be resold. Please do not link put the URL of this blog to other sites. Please do not register the URL of this blog to bookmark the site, and the like.

*P Re o Uchion s
Hola, gusto en conocerte. Gracias por visitar este blog. Por favor, no vuelve a imprimir el texto y la imagen en este blog. Por favor, no ser revendidos. Por favor, no vincular poner la URL de este blog a otros sitios. Por favor no se registre la URL de este blog para marcar el sitio, y similares.

*P Re или Uchion s*
Привет! Рад тебя видеть. Благодарим Вас за посещение этого блога. Пожалуйста, не перепечатать текст и изображение в этом блоге. Пожалуйста, не перепродавать. Пожалуйста, не используйте ссылку поместить URL этого блога на другие сайты. Пожалуйста, не зарегистрировать URL этого блога в закладки на сайте, и тому подобное.
カテゴリ別記事一覧
作品紹介
★「ぼくだけのきみ」:火影高校3年生・陸上部のエースのナルトと秀才生徒会長サスケの現代学園パロ。

★「ずっとあなただけのもの」:ドラマCD「はじまりは1時間から」の二次創作。青年実業家アキ(サスケ)と便利屋ハル(ナルト)のドラマCDより数年後の物語。
その他あとくろ管理ページ
最新記事(更新日降順)