ナルサス漫画 ナルト×サスケ二次創作BL漫画「ぼくだけのきみ」 2015年12月
  • 2015-12-31

「イタチ真伝 光明篇・暗夜篇」を読んで(※ネタバレ注意)

イタチ真伝 光明篇・暗夜篇を読みました☆ 実は発売されてすぐに読んだけど、漫画本編を先に描きたかったので、感想をゆっくり書けるのが今になった (ネタバレです! ・・・てか、もうこの時期になったらみんな読んでるよね・・・?)

↓  ↓  ↓

・・・読んでて、最後は泣いた どうしてイタチが両親はじめ、一族を殺さなくてはならなかったか、その経緯が時系列で記されている。

アニナルの回想では、シスイが自殺するに至った経緯、マダラと結託した経緯など、細かい点がよくわからなかったが、そのあたりもクリアにされている。シスイが自殺した翌日にイタチを訪ねてきた人相の悪い3人の男たちの名前もここで明らかになっていて、彼らは父・フガクを担ぎ上げ、フガクがクーデターに失脚したらすぐにマダラに乗り換える準備をしていたことを知ったイタチは、ダンゾウがそれらもすでに読んでいたことで、自分が一族にひそかに期待していたことが甘かったと知り、その苛立ちを彼らにぶつける。

決行の日に、イタチが一番最初に手にかけたのが、自分に想いを寄せてくれている少女である。その命の絶ち方は、そのあとに続く惨い殺し方と比べると、泣けてくるくらいにせつなく優しい。幻想の世界の中で彼女はイタチと結婚し、イタチの子供を産み、夫婦そろって年老いて死ぬ・・・という無限月読の術を彼女にかけ、幻想の中で老衰で息絶えた彼女は、現実の肉体もこときれる直前に、イタチにありがとうと言いながら眠るように逝く。イタチは彼女のことが好きと自覚していたわけではなかったけれど、アカデミーで知り合った時から変わらずにずっと想い続けてくれていることに、感謝の気持ちがあったのだと思う。

それは、サスケだけは生き残らせたいという、イタチのサスケへの想いに似ていたのかもしれない。イタチは一族抹殺の汚名をあえてかぶり、指名手配者として里から追われる身となることで、「暁」にその身を預け、かつて里とうちは一族の架け橋となるために活動していたが、ここでも二重スパイの役目を自ら背負った。里から敵とみなされ続けることで、いつの日かサスケが自分を超える力を身に着け、里の英雄として新しい一族を創ってくれることを夢に見て・・・。

この真実が明らかになっていない頃は、イタチは悪者で憎むべき奴と読み手に位置づけさせ、しかし実は裏側にイタチの悲哀と、弟への本当の愛が隠れていたことで、自ら大きく重い運命を背負ったイタチという一人の男の真実の姿が回想で少し明らかになり、さらに詳細が小説によって描かれることで、読み手の認識をひっくり返させた。一つの話の筋を違う視点から描写することで、読み手にも複数の層でできた物事を認識させ、さらに原作への理解を生み、さらにさらに原作自体に厚みが加わることになる。「NARUTO」はそういう意味で、ほんとに奥深い作品だと思う。

今、放送中のアニナルで、サスケが兄と比較されて怒りを溜め込む過程が描かれているが、その発端がその小説内で描かれている。兄を無条件に慕ってきた幼かったサスケも、兄に対して嫉妬心・競争心が芽生え始めるところが、ほんの少しだが描写されている。やがてこの想いが大きくなって、もしも家族が生きていたら・・・のジライヤの小説の世界では、完全に兄を宿敵と見なしているサスケが描かれている。この辺も、原作制作側の意図だとすれば、心憎い演出。

イタチが、まだ小さかったナルトと公園で話すシーンで、ナルトが里から疎外された育ったのは、九尾を内包しているとダンゾウが噂を撒いたから。ダンゾウのすることっていちいち腹が立つけど、人間の心の闇の部分をちゃんと把握してるから、ぐぅの音も出ない。イタチの視点で描かれているから、うちは一族から見れば、三代目ヒルゼンはほんと何やってたんだ?と思う。ダンゾウから常に甘い甘いと罵倒されていたけど、そんなことない、三代目には四代目の代理としてやることいっぱいあるんだよ・・・と庇護してきたけど、やっぱ何やってたの?と思った(笑)。

一番びっくりしたのは、この時点で彼がまだ12歳という設定であること その思考と行動力、立ち居振る舞いから、とても12歳とは思えない。アニナルの回想篇を観た時だって、よくて17歳ぐらいにしか見えなかったのに(^^; 頬のしわのせいでもっと年齢が高いのかとも当時は思っていたから。ちなみにイタチの頬のしわはダンゾウいわく「凶相」らしい。イタチはサスケにそのしわがないことで安心するシーンがある。「若いのに何でしわがあるの?」という初期の頃の疑問をクリアしてくれた一文だった

そしてなんとこれが2016年春から、アニナルで放送されるらしい 今、ジライヤの小説の世界篇が終わったらイタチ真伝になるのだろうが、つまりそれは本編はまたまたお預け・・・ということなんだろが(^^; でも楽しみ 他の真伝もアニメ化してほしいものである。



★ランキングに参加しています★


プロフィール

あとくろ


ペンネーム:あとくろ
ナルサス現パロいちゃらぶ漫画に萌え♥何でもナルサス脳で変換して見てしまう主腐ママっ(/・ω・)/シュビッ♥30年ぶりに漫画描きに再挑戦してコツコツ描いてはアップ中♥

閲覧にあたってのご注意
・NARUTOファンの個人による二次創作品/Fan Fictionです。原作制作側とは一切関係ありません。
・ナルト×サスケのBL漫画です。男性同士のキス・抱擁描写があります。
・登場人物の名前は当て字です。性別・年齢・相関図なども原作とは異なりアレンジしています。
・下ネタ表現、半裸描写、たまに暴力・流血シーンがあります。苦手な方はご注意ください。
・一般商業作品や、同人作品を紹介をする際は、ある程度のあらすじを添えており、部分的にネタバレがあります。
・絵・構図・構成などのクオリティは日々精進中。
*以上をご了承の方のみご閲覧ください。
*お願い*
このブログ内の画像・文章の転載・転売、他サイトからの被リンク・ブックマークサイト等への登録はご遠慮下さいますようお願いします。
★あとくろが登録・管理しているのは、新ブログ(FC2本館・別館)・旧ブログ(goo)・にほんブログ村・ブログランキング・pixiv・twitterの7件です。それ以外のサイトのあとくろブログURLは全て無断リンクですので既に削除された記事など古いものがほとんどです。あらかじめ被リンクをご確認いただける良識ある方からのお申し出も全てお断りさせていただいています。以前Youtubeにもアップしていましたが既に削除していますのでBL動画まとめサイトなどにあとくろ動画のURLがあっても無効リンクです。
*Precautions*
Hello, nice to meet you. Thank you for visiting this blog. Please do not reprint the text and image in this blog. Please do not be resold. Please do not link put the URL of this blog to other sites. Please do not register the URL of this blog to bookmark the site, and the like.

*P Re o Uchion s
Hola, gusto en conocerte. Gracias por visitar este blog. Por favor, no vuelve a imprimir el texto y la imagen en este blog. Por favor, no ser revendidos. Por favor, no vincular poner la URL de este blog a otros sitios. Por favor no se registre la URL de este blog para marcar el sitio, y similares.

*P Re или Uchion s*
Привет! Рад тебя видеть. Благодарим Вас за посещение этого блога. Пожалуйста, не перепечатать текст и изображение в этом блоге. Пожалуйста, не перепродавать. Пожалуйста, не используйте ссылку поместить URL этого блога на другие сайты. Пожалуйста, не зарегистрировать URL этого блога в закладки на сайте, и тому подобное.
カテゴリ別記事一覧
作品紹介
★「ぼくだけのきみ」:火影高校3年生・陸上部のエースのナルトと秀才生徒会長サスケの現代学園パロ。

★「ずっとあなただけのもの」:ドラマCD「はじまりは1時間から」の二次創作。青年実業家アキ(サスケ)と便利屋ハル(ナルト)のドラマCDより数年後の物語。
その他あとくろ管理ページ
最新記事(更新日降順)