アキ&ハル物語「ずっとあなただけのもの」#42(第2部最終回)

000-2.jpg

★お互いの中の、小さな子供の自分達を抱きしめ合った二人・・・。

143_20170317075625d66.jpg


144_20170317075647f5e.jpg


145_2017031707570684d.jpg


146_20170317075734399.jpg


147_20170317075758fd9.jpg


148_201703170758126f6.jpg


149_201703170758241e1.jpg


150_201703170758387f2.jpg


151_20170317075851243.jpg


152_201703170759054b3.jpg


153_201703170759274bf.jpg


154_201703170759387dd.jpg


155_2017031707595216e.jpg


156_20170317080005d50.jpg


157_20170317080017b48.jpg

(ずっとあなただけのもの【第2部】・完

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


「ずっとあなただけのもの・第2部」描き上げました~ 読んでくださってありがとうございますっ


頭の中で描き続けていた通りを画に起こすのは、力量不足のワタシはいっつもヒーハー言ってるんだけど、なんとかかんとか形にできたなら、まぁこれでいいか~と一人満悦・・・を漫画を描き始めてからずっと繰り返しとる(笑) とにもかくにも、アキ&ハル物語の全体の構想の約半分を形にできたかな~ 二人のいちゃらぶシーンをじっくりたくさん描けてシアワセだ~


「無理に自分のものにしたいと思わない」の水葉のセリフは、アニナルでのナルトのセリフ。当時、ナルトはサクラが好きだったけど、サクラはサスケが大好きなことわかってて、サスケのことを話す時の幸せそうなサクラを見ていると自分も幸せだと言い切るナルトは、ホントにスゴイ男だと思う・・・


ドラマCDで、アキのモノトーンの世界の中で、水葉はずっと明るく鮮やかな色彩を添え続けてくれた存在だとアキは認めている。水葉はどうして何事にも無関心なアキに働きかけ続けるのか?と、前にもどこかで書いた気がするけど、女が男を放っておけないのはやはり異性の魅力に惹かれるからではないだろうか。そして女なら、惹かれる男が自分を好きになってくれたらと一瞬でも望むものだ。ここでは水葉は、かつて密かにアキを恋の対象として見ていたこともあった・・・ということにしてみた。また、ドラマCDの設定で穂月は「自由人」とある。本当の自由人とは好き勝手に振舞うことではなく、自分の考えと足で着実に歩く人のことだと思うから、穂月もそういう意味の自由人にしてみた。


お互いを愛で満たし合う関係を描いてるとホッとする・・・(*´з`) 「ずっと~」の第3部は、ハルと裸で抱き合ったら頭が真っ白になっていたアキに、ナルサス→サスナル的な??変化が起こるようなストーリーにする予定デス


さて、アニナル最終回だった・・・ほんわりまとまって・・・あぁ脱力・・・あぅ サスケ、お祝いしてほしくなかった・・・ナルサス派としては拗ねて知らんぷりしててほしかったりするのだがなぁ・・・または式場に乱入して待ったをかけてナルトをかっさらうとかね(笑) ヒアシ、セリフなかったけど、厳しかった父が美しく成長した娘を見るなんともいえない眼差しはよかった。やっぱ脳がすっげ混乱してるケド(笑)、白無垢姿のヒナタをサスケに変換して観たら少し癒されたよ(爆)


2002年10月にアニナルスタートして14年半かぁ・・・その年は娘が生まれたばかりで毎日ワーワーゆっててテレビどころじゃなかったなぁ だからこそ、ナルトにわーきゃーゆって漫画描ける今が最高にシアワセだ・・・ 最後、ナルトからボルトへ襷を渡すかのように額当てをバトンタッチ・・・BORUTOを観てても、きっとナルトとサスケの影を追いかけているんだろうなぁハー


でわでわっ、次回のあとくろナルサス漫画キャ─ヽ(o´・ω・`o)ノ─

ナルサスの時代劇パロをいつか描きたいと思ってて、「ぼく~」Ep-4で過去世のナルトとサスケが現代に転生した経緯に触れて、Ep-5とEp-7.3でも過去世の記憶の断片に触れるシーンを描いたけど、時は江戸時代末期に生きた鳴門と佐助の物語「ぼくだけのきみ・過去世篇」に挑戦しマス


・・・オフライン本を出すわけでもなく、オンリーイベントとかに参加するわけでもなく、ナルサスワールドの隅っこでWeb上だけでちまちま描いてるワタシですが、またまた共感していただければ幸いです

関連記事


★いつも応援ありがとうございマスっ(*´з`)☆