サス誕2017.7.23♥「ぼくだけのきみ」番外編~夏祭りの贈り物~

000_20170722191905c38.jpg


001_20170722191927b62.jpg


002_201707221919463ac.jpg


003_20170722191956f89.jpg


004_20170722192006dbc.jpg


005_20170722192017805.jpg


006_20170722192049615.jpg


007_201707221921020e1.jpg


008_20170722192127fb7.jpg


009_20170722192149c7b.jpg


おまけ


あとくろですいつも読んでくださってありがとうございます~♪(/・ω・)/ ♪シュビッ


だーーーーーっっっ ま、間に合った~っっウワーイ サスケおめでと~

「ぼくだけのきみ」、江戸時代から現代に久々に戻ってきましたっウエーイ


二人が大学生になった第2部をまだ1ページも描けてないんだケド(^^;、Ep-3「HANABI」から1年後、サスケが一足先に19歳になった夏のひとコマを描いてみました~ ・・・つか、サブタイトルもストーリー展開も、なんかありきたりでベタかなぁ(笑)(^^;ナハ 二人のこんな何気ないほのぼのした日常を描くのがスキ


去年のサス誕には、ハタチになったサスケのお祝いに、ナルトがリゾートホテルのひと時をプレゼントしたプチ漫画を描いたけど、うげ・・・もう一年経ったんか~ハァ 二人に着せる服のデザインも相変わらずだなぁ(^^;


二人が住む火影市では毎年、お盆に町を挙げて火影神社祭が開催されて、町じゅうに縁日の夜店があふれ、火影川沿いの堤防では豪華な花火が上がり、祭の終わりには火影山に「火」の文字の送り火が焚かれます。ナルトは陸上部に復帰したので大学が夏休みに入ってからずっと夏期強化合宿に参加、サスケも塾講師のバイトで忙しくしてたので、盆休みになってやっと二人は一緒に過ごし、ナルトはサスケに遅いお祝いを渡した・・・とゆー設定デス

(ナルトは毎年この時期はライヤーの所有する山にあるロッジで過ごしてたんだけど、忙しくなってきてそれどころじゃなくなって・・・まぁ、春に二人で「卒業旅行」で行ったしねEp-7、Ep-7.3ご参照~ムフ))


娘が「ねーママ、どーしてカップルってさ、お祭りやら花火大会やらわざわざ人混みに出かけるのん?」などとゆーので、

「ンなの決まってんじゃん、手つないだり腕組んだりしてくっつくためじゃんよ~(*´з`)ムフ(笑)

好きな人と二人でねっ、おててつないでねっ、わーきゃーゆってねっ・・・あぁ楽しーよね~・・・あったなぁ昔そんなコトが・・・(→遠い目)(*’U`*)ハァ


おまけのひとコマはサスナルっぽいけど、基本ナルサスです(笑)(・・・ギリあぶねーかコレ??(;^_^A)

関連記事


★いつも応援ありがとうございマスっ(*´з`)☆