ナルサス漫画「ぼくだけのきみ」過去世篇~ひとつぶの涙~その26

000-5.jpg

★父の側近だった萬多が里の裏切り者と知った佐助は地下牢に閉じ込められる。先客の泡沫から戦が始まると聞き・・・。

291.jpg


292.jpg


293.jpg


294.jpg


295.jpg


296.jpg


297.jpg


298.jpg


299.jpg


300_20171018202157666.jpg

(その27に続く)

+++++++++++++++++++++++++++++++


こんにちは~、あとくろです~ 雨の日は好きなんだけど・・・何日も何日も続いておりますなぁ・・・こんな日は仕事行かずに家で漫画描いていたい・・・(→本音)(*´Д`*)ハウ 描きたいアイデアいっぱいあるのに、とにかく漫画描きにあてがう時間が少なくてツライ


地下牢での佐助に、アニナルにあった拘束衣を着せよーかと思ったんだけど・・・(*゚Q゚*)ハァハァ(笑)、話を進ませるのにめんどいんでやめた(;'∀') あとくろの漫画は、萌えシーン以外はセリフだけで片付けるとこあるんで・・・スンマセン(^^;デヘ あっ、どっかで書いたカモだけど、供の青太はアニナルで「サスケ様」とひたすら従順な蛇のアオダから(→・・・顔無しモブ扱い^^;)。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


アニボル、七代目の名前を使ってメイを脅したボルトに驚き(サラダもそこ突っ込んでくれた(笑))  こういう潔いとこナルトの息子だな~って頼もしい(*^_^*) 戦争を乗り越えた世代からすれば、戦争を知らない奴らの言葉は単なるガキの戯言・・・そうしていいだけの迫力が長十郎達にはあるよね・・・。なんだ、水月はミツキを抑制するために来たんか・・・一緒に闘ってくれたらいーんだけど、水月のことだからめんどくさいって逃げそーだな


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


何とかして戦にさせまいと泡沫の言葉に従い脱出を図った焦る佐助だったが、開戦前に既に城が燃えているのを見て・・・次回

関連記事


★いつも応援ありがとうございマスっ(*´з`)☆