ナルサス漫画「ぼくだけのきみ」過去世篇~ひとつぶの涙~その32

000-5.jpg

★別の次元で佐助を待っていた兄から、事の真相が語られた・・・。

363_201711260751166bc.jpg


364.jpg


365.jpg


366.jpg


367.jpg


368.jpg


369.jpg


370.jpg


371.jpg


372.jpg


373.jpg

(その33に続く)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


あとくろです~ 街はクリスマスモード突入ですな~・・・つか、もう12月かぁ、はえ~

今回のページ運びは、あれこれ試行錯誤してマジ悩んだ 場面転換を表現する時、画より文章のほうがラクだなと思うことはある。まぁ、画だからこそ、こういうページ運びが出来るんだけど


原作のサスケが木の葉の里を抜けて大蛇丸の元に行ったのは、次元の高い力と強さが欲しかったからだが、それは技術的なものだけではなく、心を殺して非情になり切る事を求めたからだろう。それが無ければ肉親でありながら仇となってしまったイタチを殺せないし、復讐という目的で己を支えていなければ生きていけないから。それでもまだ、ナルトやカカシの傍で木の葉の里で一人の忍として過ごす選択肢も残されていたが、ここでの佐助には戻る場所すらなくなり、宿命を受け入れ闘うしかない。兄は宿命から逃げてもいい選択肢も残したけど、佐助ならそうはしないだろうと思う。


ってことで、次回より最終章・第4章に入りマス このまま一気にクライマックスに向けてひたすらに根性入れて??描きマス 「ぼく~」本編でもこの先、サスケのお色気満載の画ってあんまし登場しないと思うんで、せっかくの時代劇パロの今、復讐に刀ではなく美貌を武器にした花街の売れっ妓陰間サスケを存分に描きたい~フォーッ 佐助が陰間として登場する間、陰間桔梗のブロマイド(この時代だと肖像画かな)をおまけに載せマス~(*´v`)キラーン


・・・と言いつつ、この過去世篇を描き切るのに、あとまだ数か月を要する予定なんだけど、この物語は基本的にシリアスなんで、時々コスチュームコレクションみたいないちゃらぶ画がたまらなく描きたくなる(;'∀')(笑) なのでね、クリスマスにはやっぱしね、いちゃらぶいっぱいの番外編を描く予定デスっ


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


今週のアニボル、お・お・お~っっ スケア(=変装カカシ)登場した~っっ しかしイルカ校長より年上のはずなのに、イルカより若く見えるのはナンデ?? いよいよボルト達も卒業後の進路を考える時期になって、忍になるのが当然だった時代から忍以外のいろいろな選択が出来るようになった今、木の葉の里の教育プログラムもきちんと決められているみたいで、ナルト達の努力が垣間見える。ミツキの保護者役で大蛇丸が登場したのはなんか笑える・・・子供すら利用し、不要になったら捨て駒に使ってきたかつての大蛇丸からは考えられん(・_・;)(・・・あっ、こっちの物語でも次回から大蛇丸が登場しマスボソッ)


アニボルも次回は卒業試験開始 BORUTO THE MOVIEのストーリーに着実に向かってる 楽しみだ~

関連記事


★いつも応援ありがとうございマスっ(*´з`)☆