ナルサス漫画「ぼくだけのきみ」過去世篇~ひとつぶの涙~その39

000-7.jpg

★久方ぶりに二人だけの時を過ごした鳴門と佐助・・・しかし、佐助が病に罹っていることを見抜いていた鳴門は、廓から足抜けさせたいと自来也に相談する・・・。

442.jpg


443.jpg


444.jpg


445.jpg


446.jpg


447.jpg


448.jpg


449.jpg


450.jpg


451.jpg


452.jpg

(その40へ続く)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


正月太りがまだ尾を引いているあとくろです、こんにちは 脳の動きもニブくなったか・・・前はアルコールをちょっと入れたら活発に動いたんだケド、今はカラダがしんどくなるだけでダメだ


大蛇丸との事は自来也に任せ、都を出た二人・・・。原作の大蛇丸はかつて散々酷い事をしてきたけど、本来は情が深くて優しいのだと思うの。彼なりの護り方を実現させようとして、それがかなり歪んだ方法だっただけではと。アニボルでも手のこんだやり方でミツキを自ら覚醒させる方法を取ることで、彼なりの親としての愛を示したと思う。だからここでも、そっけないけど佐助の好きなようにさせてやる大蛇丸にした。サスケのほうも、原作では一応世話になった大蛇丸に礼とか言うシーンなどあっただろうか・・・相変わらず態度はデカイがサスケなりの敬意の現れなんだろか?・・・なので、こき使われたにせよ、命を拾ってくれて復讐の手助けをしてくれた事に対しての礼は、ここでは育ちの良い佐助ならするだろうと思った。


土方サマ、宮川町に置いてけぼりにしたまんまだったんで、ちゃんとお別れさせたくて再登場させた 最後に受け取らせたのは、第2章で土方がぽろりとこぼした労咳の仲間へしてやれる事について、鳴門が投げた「提案」。


京での日々に別れを告げて、次回、二人は鞍馬寺に立ち寄りマス


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


今週のアニボル、「君と一緒なら楽しい」とゆーミツキのニヤケ・・・うむ、取り様によっては・・・ニヤリ かつて復讐を果たすために一日も早く強くなりたかったサスケは生ぬるい下忍の仕事に不満を持っていたけど、火影を目指すサラダは現実的で着実。派手な戦闘シーンに隠れていたこんな小さな仕事が、実は里を支える下地なのだと今やナルト達はちゃんと知ってる。


キバって警務部に勤めてるんだ・・・昔はうちは一族が占めていたけど、風魔ってあの風魔一族なんかな 一見すると小さな事件でも、その裏に潜む大きな影・・・。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


(以下、ムービーコミック感想↓)

dTVで配信されているムービーコミックのうち、同級生同士の恋を描いたものラストを紹介、「胸が鳴るのは君のせい」(作・紺野りさ)。高校受験を控えた篠原つかさ(CV・大久保瑠美)は、中2の時に転校してきた有馬隼人(CV・西山宏太朗)と親しくなり、以来片想い中。もしかして有馬も自分が好きかもしれない素振りに、志望校に合格した日に思い切って告白するがフラれてしまう。しかし同じ高校に有馬も受かっていたことを知り、片想い続行。やがて有馬もつかさを恋の対象として意識してくれるようになって・・・。


ヒロインの声は低めのほうが好きなワタシも、高くてよく通る声だけど彼女のは好きだなぁ。「つかさ」という名前が男みたいと馬鹿にされてるけど・・・えっ、フツーだよね? 女の子にだって似合うよね?? それはさておき、片想いってあんま長いと「片想い思考」が定着しちゃってるから、両想いになれた時ってホントのコトなのか夢を見てるのかって最初は信じられなくて、天地がひっくり返るほど脳が混乱する(笑)。でもやっぱいいよね、長かった片想いが成就するって・・・現実にはなかなかないからたまにはこういう物語はオイシイ


昔から、同級生同士の恋というとたいていは高校が舞台。だからワタシも少女時代は高校ってオトナになれる場所だとすっげ期待してた(笑)。でも不器用でオタク気味だったワタシの高校生活は、毎日図書館で本ばかり漁って過ごして終わったっけか(;'∀') こういう学園モノを読んでると登場人物達が羨ましくなって、もしもう一度高校時代に戻れたらどうするだろなぁなんて想像してみたケド、やっぱ勉強とかに忙殺されて終わりそうな・・・ だから恋に一所懸命になってる彼らがすげーと思う


にしても今の流行り言葉ってのもスゴイね・・・おかーさんビックリですわ(笑) 「マッパ=全裸」「タメ=同い年」「クリパ=クリスマスパーティー」「同中オナチュウ=同じ中学出身者」・・・漫画から学ぶモノ多し 90年代前半だっけか「花より男子」で「ジモティー=地元の人」「パンピー=一般人」「ボンビー=貧乏人」ってのあったけど、あれって今も遣われてるんかな?(^^; 今は「違くて=違うそうじゃなくて」とか「取り行って=取りに行く」とか「てにをは」などの助詞を省略した変形言葉が彼らの通常語になってて、ちょっと前に問題になった「ら抜き」言葉もすっかり日常化してる。娘っちにいちおー聞いてみたら変形語だって判ってるみたいなんで区別できてるならいーんだけどさ・・・といーつつ、ワタシがうっかり仕事場で遣いそうになってギクリなんだケド(笑)


こないだのクリスマスに娘っちが「クリぼっち」と言ったのでナンダソレと突っ込んだら、「クリスマスに一人ぼっち」の略だとさ・・・(°_°)サビシ

関連記事


★いつも応援ありがとうございマスっ(*´з`)☆