ナルサス漫画「ぼくだけのきみ」過去世篇~ひとつぶの涙~その40

000-7.jpg

★後始末を自来也に任せ、土方に見送られながら都を出た二人は鞍馬寺に向かった・・・。

453.jpg


454.jpg


455.jpg


456.jpg


457.jpg


458.jpg


459.jpg


460.jpg


461.jpg


462.jpg


463.jpg


464.jpg

(その41に続く)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


こんにちは、あとくろです 寒い毎日、風邪など引かずになんとかぐわんばってマスっ とはいえコタツだけがワタシの部屋の唯一の暖房で(^^;、右手だけ表に出してせっせと描いてるんだけど、人差し指がしもやけになって左手の人差し指の1.5倍に腫れてんの(笑)


彼らが「ご神体」と呼ぶ物体は、実際に鞍馬山に設置されているオブジェを参考にさせていただいた。愛・光・力を表した作品だそうで、源氏物語「あさきゆめみし」の中で、明石の入道が沙弥山の周りを太陽と月が回っているお告げの夢を見たと説明するシーンがあるけど、愛=月、光=太陽、力=山、と例えることができると個人的に思う。宇宙観を的確に表したのだろうこのオブジェを、ここではEp-4「しるし」でナルトとサスケが異世界への入り口を開門するための鍵を預かる門番として登場させた。転生した本編の二人が現代の鞍馬山を訪れた時に使うことになるパスワードを、この時に組み込ませた・・・という設定デス。


さて、故郷に向けて旅に出た二人・・・次回、思わしくない佐助の容態を心配した鳴門は・・・。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


今週のアニボル、ボルト達が忍として活躍する毎に、子供の視点では見えていなかった里の裏事情が露わになっていく。義賊って「サスケ真伝」でもあったよな。面倒な事は避けたいシカダイだけど、確かシカマルも昔そんなこと言ってなかったか? 大蛇丸の木の葉崩しの時にそんな願いはあえなく玉砕したっけか(^^; シカクから受け継がれた将棋をシカダイが・・・うっ テマリちゃん久々! すっかり奈良家の台所を預かる姿がサマになってる。


自分達だけで事件を解決しようとするボルト、おぉ~サラダもノリ気じゃん・・・昔のサスケももっとこうだったらね(笑) ボルトザムービーで事件の引き金になったカタスケ登場。都会ではよく見かける鮮やかな落書きが裏世界では特定の伝言、という設定は面白い(英国ドラマ「SHERLOCK」でもそんな設定があったよーな・・・) にしても義賊と名乗る盗賊団がいまだはびこるとは・・・貧富の差を何とかするのも七代目ナルトの課題なんだろな。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


(以下、ムービーコミック感想↓)

お次は歳の差カップルの作品を紹介 「コスプレ☆アニマル」(作:栄羽弥(サコウ・ワタリ)は超面白かった 恋愛ラブコメで、櫻井孝宏サマが相手役ってんでこれはすっげアタリだった~ 制服大好物の南リカ(CV:豊口めぐみ)は19歳の短大生。コスプレ大好きで一番好きなのは学生服 本当は高校生の時に制服でエッチをするのが夢だったのに、叶わないまま卒業してしまったことが今でも心残り。付き合ってた彼にコスプレを否定されてヘコんでいた時、思い立って出会い系サイトに17歳女子高生と嘘をついて登録したら、そこで母校の現役男子高校生・湯住元(ユオウ・ハジメ)(CV:櫻井孝宏)と出逢う。彼女にフラれたばかりというハジメを励ますうちは楽しかったが、写メを交換して実際に会って惹かれ合っていくうち、リカは嘘をついていることに罪悪感を覚えていた。正直に年齢と制服エッチが夢だと打ち明け、そんなリカのこだわりを理解してくれたハジメとホンキで付き合うことに。


年下の男の子から恋焦がれられるって、女なら一度は憧れるシチュエイションだと思うの。前にも書いたけど高校時代って経験したい夢や憧れがいっぱいあって、でも大半は叶うことなく卒業してしまう(だから高校が舞台の漫画は人気があるんだろね)。高校時代に限らず子供の頃に抱いた夢を実現させるには、年齢やら経験値やら身体の成長やら環境やら、自分のクセのあるこだわりを理解してくれる人との出逢いとか、様々な条件が全部揃うまで待つ必要があるワケだけどさ、やっぱあの時もっとこうだったらなって思うことたくさんあると思うのよね。だから年下の恋人がいると自分もその年齢まで戻れたみたいに錯覚して、叶え損ねた夢を辿り直しているような心地よさもあるんだと思う。しかし、ヒロインが19歳なのでセックスが日常化してるのはまぁいいとして、当然のよーに飲酒するシーンもあるし、リカは途中でハタチになるけどハジメはまだ高校生のままだしで、そのヘンはどーなんだ??と思うんだけどね・・・(母親視点^^;)


といーつつ、ワタシもコスプレは好き~(*´з`) 前に一度だけ仮装パーティでJK姿で参加したらめっちゃウケたコトはあったケド、リカみたいに自分がしたいってワケじゃなく、子供の頃はお人形の着せ替え遊びに萌えてたから(笑)、ナルサスコスチュームコレクションコーナーで時々描くみたいに好きなキャラにいろんな格好させるのが楽しいんだよねぇ・・・モエ そのうちまたナルサスにもハジメみたいにウエイターとかお祭りの半被とか着せてみたい・・・あぁいいよねぇ半被・・・セクシーだわぁ(*´Д`*)ハウ


ところで、櫻井サマのハジメもカッコイイのだが、幼馴染でやがて恋敵となる理系のハンサム高校生・伊藤新(イトウ・アラタ)もタイプでございマスのよ~(*´Д`*) CVが羽多野渉サマなんだけど、この方の声もホントに好きだわ・・・ なんとゆーかじんわりと印象に残るというカンジ。「君に届け」で龍の兄・徹役で登場した時、あーすっげハンサムな声~と心に残った。発声の基本がすごくしっかりした話し方だなぁって印象ね。言葉一つ一つ丁寧に発音されてるっていうカンジでね、すごく聴き取りやすいのね。出演キャラを調べてみたら、「神様はじめました」の厳しい天狗・次郎兄とか、「黒バス」のオネエ系キャラ・実渕玲央とか、「好きっていいなよ。」のお調子者の中西とかね、あーこの方だったのね!と納得できた。どれも耳に残ってたからやっぱり!ってカンジで。多彩なキャラを演じ分けておられるけど独特な発声される方だから、たぶんどんな役でも「あっ羽多野サマだっ」と嗅ぎ分け?られると思う(笑) やっぱワタシは静かな情熱を秘めたアラタ役が好きかな


ハンサム年下高校生二人に熱烈に好かれるリカ・・・うらやま(笑) ワタシだったらどーすっかな・・・ってありえねーか 実際には自分の人生にあり得ないことを漫画にして欲望を満たすしか方法がナイんで(笑)、いつかナルサスキャラでそんなシナリオ描いてみたいと目論んでるケド、まだまだ先になりそーだが(^^; つーか、年上の女に恋する男の子の心理ってどーなんだろ? 今は女が年上・男が年下ってカップル多い気がする。前にモールで母親と息子といっていいほど歳の離れたカップルが手をつないでて、あっ恋人だったんだ~と驚いたコトもあるし。ハジメは早くに母親を亡くしてて、アラタも親が忙しくて、二人共ほとんど家族の温もりを知らずに育ったとゆー設定なので、年上の彼女に母とか姉といった温かく包容してくれる存在を求めているのかもしれない。女の子も然り。年上好きは基本、寂しがり屋なんかな。

関連記事


★いつも応援ありがとうございマスっ(*´з`)☆