ナルサス漫画「ぼくだけのきみ」過去世篇~ひとつぶの涙~その41

000-7.jpg

★二つの剣の結末を報告に鞍馬寺を訪れた二人。そこで佐助は住職から死期が近いと・・・。

465.jpg


466.jpg


467.jpg


468.jpg


469.jpg


470.jpg


471.jpg


472.jpg


473.jpg


474.jpg


475.jpg


476.jpg

(その42へ続く)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


ひたすらせこせこ描いてるあとくろです・・・っと、ぎゃっ?? もーすぐバレンタインデーじゃないかっっ 忘れてた・・・ってオイ あわわ、この連休でバレンタイン番外編描いてしまわねばっ・・・っとゆーわけで 2月14日になんかをアップする予定デス ・・・な、何だろ??


さて、故郷を目指して旅を続けている二人。佐助を慈しみ甘やかす鳴門、そんな鳴門にすべてを委ねる佐助・・・あぁ、ナルサスのこういう関係性が萌え・・・(*´Д`*) 次回、佐助の静養のために二人は村の助けを借りながら暮らし始めます。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


今週のアニボル、テマリちゃん男前・・・かっけー シカダイはシカマル譲りのとこが目立つけど、そんなテマリの息子なんだし、我愛羅とカンクロウの甥っ子でもあるんだしで、砂の里の血も引いてるんだぜってとこも、そのうち見せてくれるんじゃないかと思う。あーそっか、風影の身内ってことで、シカダイはきっと砂の里に行ったら恵まれた待遇を受けられる身分なんだろね


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


(以下、ムービーコミック感想↓)

今回は「PとJK」(作:三次マキ)。この「JK」って何のことか知らなかった時にね、娘っちに訊いたら「ワタシのコト」って言うのよね・・・「女子高生」の略ですか~ 16歳の本谷歌子(カコ)(CV:山本希望)は、親友の姉が主催した合コンに人数合わせのために22歳と嘘をついて無理やり参加。そこで佐賀野功太(CV:鳥海浩輔)に気に入られる。いい雰囲気になったがカコが高校生と知るや掌を返したように冷たく突き放して去った功太。唖然とするカコの前に再び現れた功太は「P」こと「ポリス=警察官」だった。相手は大人で職業に忠実で誇りを持っていて、高校生に手を出すようないい加減な人じゃないからこそ功太を好きになっていくカコだが諦めるしかなかった。そんな時、不良に囲まれ襲われかけた功太をかばったことから、二人の関係は一気に進展する・・・。


お巡りさんと女子高生の秘密の苦しい恋心を描いた物語かしらと思っていたら、事件をきっかけに交際期間を経ずに23歳と16歳でいきなり入籍 世間を納得させる恋の成就のために思い切ってこういう方法を取る新鮮な展開のラブコメ 功太役が鳥海さんなんで読み始めたんだけど、「薄桜鬼」の斎藤一といい、この方は実直で生真面目な役が似合うんだよね・・・(薄桜鬼SSLの斎藤クンも警察官になるのではないかしらと想像させたし、キバもやんちゃだけど一本気で男気あるキャラだし) で、生真面目さの中にふっと見せる「本当はいちゃいちゃしたい甘えたい」ってとこがたまらん・・・(*´Д`*)ハウ


高校時代は暗い思い出しかなかった功太も、現役高校生のカコの純粋さを通して過去の傷を癒していくプロセスと、嘘の無い二人の真っ直ぐな愛、それを応援する周りの人々にほっとする。現在dTVでは原作の途中(修旅が終わったあたり)までムービーコミック化して一旦完結。続きは制作され次第配信予定のよう。再配信開始が待ち遠しい

関連記事


★いつも応援ありがとうございマスっ(*´з`)☆