ナルサス漫画「ぼくだけのきみ」過去世篇~ひとつぶの涙~その47【最終回】

000-7.jpg

★佐助を葬った鳴門は独り、後を追うべく旅に出る・・・。

540.jpg


541.jpg


542.jpg


543.jpg


544.jpg


545.jpg


546.jpg


547.jpg


548.jpg


549.jpg


550.jpg


551.jpg


552.jpg


553.jpg


554.jpg


555.jpg

(過去世篇~ひとつぶの涙~・完 ――終章へ)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


――あ・と・く・ろ・です


ナルサス時代劇パロ(+ファンタジー(;'∀'))描き終わりました~ やったーーーっっっっ 読んでくださりありがとうございました~ いつもなんだけど、頭の中にあった構想をカタチにできた時の達成感・・・で、しばし脱力~・・・ヒー


過去世篇その1の冒頭に還り、Ep-4「しるし」で鳴門が樹木に封印された妖狐・九尾と出逢うシーンへと繋がります(2年前に描いたのでクオリティに差があるカモです・・・あっ、あんま変わんないか それと、当時と設定も少し変えているので辻褄が多少合わないとこもあるのでご容赦~(^^;)) 前にも書いたけど、本編と過去世篇は繋がっているようで、でも別の個々の物語として読んでいただければと・・・

(★Ep-4「しるし」その8が別ウィンドウで開きマス★↓)

http://atokuronarusasu73.blog.fc2.com/blog-entry-52.html


えっと、二つの剣の決着については本編・第2部にて描く予定・予定予定デス(課題の先送り・・・(;'∀'))

にしても描いたなぁ・・・ ページにして555ページ、プラス、各章の表紙とかを合わせると、過去世篇だけで本編の3Ep分くらいになったんじゃないか??(;゜0゜)オドロキ


昨年の3月末に第1話をアップして1年・・・結局こんなにかかってしまった(^^; 最初は佐助編はモノローグとセリフで語るだけにして、この半分くらいで描き切るつもりだったけど、やっぱストーリーと画を描きたいって思ったのと、ウタカタとホタルを登場させたくなって脱線?したのと、参考のためにと観始めた「薄桜鬼」にうっかりどっぷりハマっちまったのと・・・で、気づいたらここまできてた(笑) ウタカタとホタルはいつか二次創作の中で結ばせたかったので満足 「薄桜鬼」の土方サンを描けたのも満足 たぶんもう時代劇パロは描かないと思うので描き切れて満足


毎度のことで、読み返してみれば着物が右前になってたりとか、誤字があったりとか、「ぎゃあ」と叫ぶポカミスがちらほらあった・・・(-_-;) でも時代劇パロを描くにあたり、セルシスはじめクリスタ素材提供者の皆様、時代考証やポージングやデッサンのサイトには本当にお世話になった。いつも言うがワタシの画力だけではとても表現し切れない(^^;アリガタヤ それと、特に感情的なシーン(一緒に盛り上がっていただけたらすっげ嬉しいケド(;'∀'))を描く時に音楽は欠かせない。この過去世篇ではkiroro、philipe philipes、Aimer、吉岡亜衣加など多くの曲に、画とストーリーのイメージ作りを手伝ってもらった。


――さて、次回は過去世篇「ひとつぶの涙」のエピローグ、現代に戻ってEp-7と7.3の卒業旅行でロッジを訪れていた二人が、大学の入学準備のために帰り支度をするまでを描きマス

関連記事


★いつも応援ありがとうございマスっ(*´з`)☆