アキ&ハル物語「ずっとあなただけのもの」#62(第3部最終回)

000-3_20180901100709b4b.jpg

★サニーがハルの血縁者ではないかと疑うアキに、明らかにしたところで誰が幸せになるのかと詰め寄ったカカシ・・・。帰国したアキはハルと久しぶりに二人だけの時間を味わう・・・。

220_201809041723032d7.jpg


221_20180904172305d10.jpg


222_201809041723069dc.jpg


223_201809041723085f7.jpg


224_2018090417230989f.jpg


225_2018090417231141f.jpg


226_20180904172411787.jpg


227_20180904172413b6b.jpg


228_20180904172414457.jpg


229_201809041724168b2.jpg


230_20180904172417f0c.jpg


231_20180904172419c6b.jpg


232_201809041724209a2.jpg


233_20180904172422dcb.jpg


234_20180904172423aac.jpg


235_20180904172425116.jpg


236_20180904172426003.jpg


237_20180904172428e6a.jpg

(「ずっとあなただけのもの」第3部・完

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


あとくろです~ 「ずっと~」第3部描き切りました~ いつも読んでくださる皆サマ、新たに読み始めてくださった方も、最後までおつきあいくださいましてありがとうございました~ 最後の表紙は外国映画みたく、NY郊外に借りたテラスハウス近くをうららかな光の下、買い物帰りに散歩する二人をイメージして描いてみました


イタチ兄さんをモデルにした、アキの叔父と名乗る氷室冬夜が登場したところでいったん終わらせマス(;'∀') 続きの第4部をいずれ描く予定デスっ 第4部では冬夜の登場により、アキとハルの関係性に微妙なズレが生じていきます。そのズレは次第に大きくなり――そんなシナリオにする予定デス


「ずっと~」の基本は「ぼく~」と同じで、それぞれに深い傷を負った二人だからこそ、強い絆で結ばれ愛し合うようになっていくという物語なので、焦点がBLいちゃらぶなのは変わらない。ただ、いちゃらぶシーンだけを描いても面白くなくて、やっぱしシナリオの肉付けがそれなりにあるほうが感情が伴うんで、最初はアキとハルの仕事や肉親まで掘り下げて描くつもりはなかったけど(実際描こうとしたら想像力も技術も追い付かないと思ったし(-_-;)、そのうち二人のそれぞれの過去と、アキの仕事面はイメージできたので、第2部・第3部はそこまで描いた。けど、ハルの仕事のこととなると、「1時間で世界を変える」という仕事の細かいとこまで想像できなかった。そこでユキによく似た双子を登場させて、ユキへの贖罪も兼ねて双子のために自分が出来る事を探すハルを描くことで、少しは彼の仕事面を描写できたかなと思う。


また、第4部ではアキの昔の事件について掘り下げて描きたいと思ってて、アキの過去についてさらに描くのならハルも描いたほうがバランスがいいかなと思い、ドラマCDでは言及されていないハルの父親について第3部では触れてみた。ただ、触れるだけでここでも結局誰が父親なのかは追及はしないことにした。ここで描きたかったのは父親が誰か?ではなく、カカシが差し出した封筒を、それがコピーかもしれないのを承知でアキが燃やしたことで、ハルを大事に想う者同士、頭が切れる者同士であるアキとカカシならではの、心理的駆け引きみたい?なシーンだったので(;'∀')アハ


とりあえず第3部まで描けて、これにてドラマCDでハルが引きずり続けていた後悔を、いくらか昇華させることはできたかなと思う。でわでわ、いつか第4部を描く時は、またまたよろしくお願いしま~す(*´Д`*)


※いろいろとフィクションです(^^;

※亜土ちゃんがブロードウェイで観劇したことにしたので、#43のマンハッタンでアキと分かれるシーンで1コマ増やしてマス(;'∀')


☆アキと大哉達の家系図デス★第4部の参考に~↓

(※アキ以外の登場人物名は「ずっと~」のオリジナルキャラです)

アキ家系図


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


ナル誕予告


次回の更新は10月10日、ナル誕特別短編漫画「続・運命の恋、ひろいました。」をアップ予定デス このパロディのもとにした同名映画のストーリーは、主人公の二人が結婚してめでたしめでたしだったけど、ワタシの脳内で続きのナルサスストーリーが進行して(笑)描いたものデス 故郷を出てから一度も帰省しなかったサスケだが、ナルトに誘われて久しぶりに実家へ。ここで驚きの事実が判明する・・・。


※注:イタチ兄さん、嫁と子供3人の所帯持ちで登場予定デス(;'∀') ご了承の方のみどーぞ_(._.)_ペコ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


おまけ↓

大哉の「年下のハーフの青年を恋人に・・・」のセリフになんかエロい感じがしてモエて(笑)、そのイメージでこんな画を描いてみた こんな好青年を傍においてりゃ、そりゃあアキはメロメロで絶対手放さないでしょうブフォッッ

年下の恋人

関連記事


★いつも応援ありがとうございマスっ(*´з`)☆