ナルサス漫画「ぼくだけのきみ」まとめ画①~これまでの表紙画~

こんにちは、あとくろです!(/・ω・)/

これまで描いた表紙画やイラストを、まとめて眺められるページがほしいなぁと思っちゃって、Ep-1~7.3、番外編、過去世篇までの表紙画を集めました~☆

Ep-1.jpg

★Ep-1~MILK TEA~:クリスタを始めてすぐに描き始めた、シリーズ最初のストーリー。ほんっとにガタガタの画でデッサンもひどいもんで・・・(^^; 漫画というよりイラストコマの連続という感じになって、このスタイルは今でも継続中。とにかくなんか必死だったなぁとしみじみ思い出す作品。Ep-1~4まではJPEG変換後の縮小比率が小さすぎたので、少し大きく修正。

Ep-2.jpg

★Ep-2~Squall~:少年時代の二人を可愛く描くことだけに集中して描いた画。今でも背景と人物の間には白塗り用のレイヤーを入れるんだけど、白が飛び出さないように縁をきれいに塗り消すのが一苦労だと最初に痛感した画。

Ep-3.jpg

★Ep-3~HANABI~:初チューを果たすまでのストーリー。バックの花火が上手く描けなくて花火ブラシをお借りしたんだけど、あれもキレイこれもキレイといろいろ使ってたら、めっちゃうるさくなった・・・直そうとしたけど面倒なのでそのまま(-_-;)

Ep-4.jpg

★Ep-4~しるし~:好きな京都を舞台に和装に初挑戦した画。すんごいデッサンしまくってたと思う・・・の割には納得いくようにはあんま描けなかった気が。描き終わる時になってやっと和装のエロチズムがわかった(笑)

Ep-5.jpg

★Ep-5~とっておきの唄~:やっとまともな?学パロ描いた~って感じの作品。ナルトにボーカルさせてサスケにベースさせて、シカマルには次元大介のコスプレとか、とにかくめっちゃ遊んだ! レイヤーを統合してJPEG変換させた後、Wordの画像加工機能を使ってパステル調にボカしてみた画。

Ep-6.jpg

★Ep-6~群衆の中の猫~:全体的にダークトーンの作品になるんで前回は遊んだ・・・両親達を襲った陰謀に、いよいよ二人も巻き込まれてゆく。学パロからサスペンス色が濃くなるお話。大都会の片隅で寄り添う二人を表現したくて、バックのライトを賑やかにしすぎた感・・・(-_-;)


あとねぇ、「運命の恋~」を描き終わる頃だったか、トーンのモアレが妙に気になるようになっちゃって。この画もトーン使ってたけどグレーレイヤーに変えて修正。モアレがひどいと下手したら画全体がなんかうるさい(フツーに描いててもあれこれ描き込み過ぎるのに(;'∀'))。デジタルだと特にそうなるんかな。だもんで今後はトーンは最小限に、グレーレイヤーで塗るように切り替える。

Ep-7.jpg

★Ep-7~はじまりの日~:大学受験、高校卒業、一緒に生きる決意を新たにした二人を描いた回。当時OAされていたアニナルOPの画からナルサス変換して描いたもの(笑) 第1部の主軸のお話はこれにて終了。

Ep-7・3

★Ep-7.3~Now and forever~:別館掲載の番外編(Act1~4まで各表紙画アリ)。二人だけの卒業旅行・・・甘い夜の物語。当時は今以上にクリスタ機能を使いこなせてなくて(今もね・・・(-_-;))、文字の縁取りが出来るって知らなくて、全体的に読みづらいページも多いと思う。この画だけモノローグを縁取りして再up。

番外編Ep-2・5

★Ep-2.5~コロニー~:ここからは「番外編ショートストーリー集」に掲載中の作品。これはEp-2と3の間のプチエピソード。この樹は自宅近くにあった大きな樹を撮影して加工したもの。撮影後しばらくして宅地開発のためなくなっていたので、最後の姿をこんな風に活用させてもらえてよかった。

番外編01

★サス誕番外編2016「サスケのハタチの誕生日に」:2016年のサス誕で描いたもの。サスケの20歳の誕生日にナルトが企画したスペシャルバースデー。ナルトが贈った二人が生まれた年のワインを、ナルトが20歳になる日までとっておこうというサスケにほだされる・・・。このワインを第2部で登場させる予定デス☆ 「萌えパーツデッサン集」を購入してあちこちで活用していた時なんで、「おんなじの使ってるな~」って他の方の作品もチラホラ目に留まってしまった(^^;

番外編02

★サス誕番外編2017「夏祭りの贈り物」:2017年のサス誕で描いたもの。火影大に進学した最初の夏、サスケの19歳の誕生日に、昨日まで陸上部の合宿だったナルトが慌てて贈った物は・・・。火影神社主催のお祭りで、最後に火影山に文字の灯りがともる。京都の大文字焼きと同じ風習が火影市にもあるという設定なんだけど、よく考えたら盆の送り火って仏教の風習だった(-_-;) 「サスケのハタチ~」で20歳になった時を先に描いちゃったんで、ここで登場する小物がで活かされてマセン(;'∀') 第2部では忘れずに描く予定・・・。

あと、「Kiss Me Slowly」のラストでナルトの19歳のお祝いに、サスケが腕時計をプレゼントするんだけど、これも第2部である役をやってもらう予定デス☆ 「Kiss~」は最初、「ぼく~」とリンクさせるつもりでそんな設定にしたんだけど、たぶんやめます(^^; 過去世篇がシリアスストーリーだったんで、時々避難場所にするつもりで描いたので。これからもまた描くとしたら、「ぼく~」とは関係なくいちゃらぶオンリーにするつもりデス。

過去世篇 (1)

★過去世篇「ひとつぶの涙」第1章:「ぼく~」の二人の過去世という設定の幕末時代劇パロ。Ep-4「しるし」の中にあった回想を長編ストーリーにしたもの。現世の二人の絆の深さは添い遂げられなかった過去世があったから。草薙と大蛇の二つの剣と二人の業が絡み合って現世につながってゆく――。もう完全に「ぼく~」をファンタジーにしてしまった感(^^; 実際の時間の流れを計算に入れてしまうといろいろと設定が合わないことも出てくるので、「ぼく~」本編とつながりつつも、違う次元が舞台の独立した別の物語として観て頂ければ。

過去世篇 (2)

★過去世篇「ひとつぶの涙」第2章:侍姿や刀の使い方を参考にしようと観ていた「薄桜鬼」にうっかりハマって土方さんを登場させてしまった(;'∀') それにアニナルで悲恋で終わった泡沫と螢の恋を成就させたいとずっと思ってたんで、もうついでに描いちゃえ!と二人が無事に結ばれるお話も盛り込んで、当初の予定よりすごく長くなってしまった(-_-;)

過去世篇 (3)

★過去世篇「ひとつぶの涙」第3章:サスケって女性の輪郭や仕草を参照したほうが描きやすいキャラだと思う。もちろん男っぽいサスケも大好きなんだけど、このシリーズでは女性的なお色気をまとわせて描いた。大夫となったサスケのブロマイド画も再up予定。

過去世篇 (4)

★過去世篇「ひとつぶの涙」第4章:ワタシ的にはこの画は大好き♥ これまではほわんとした感じを出すのにレイヤーの度数を調整するだけだったけど、白いレイヤーを一番上にかけて、やわらかモードの消しゴムをふわふわと色が浮き出るようにかけるとこんな感じになったんで面白いと思って、以来時々そんな描き方をしている。

過去世篇5

★過去世篇終章「消えない虹」:Ep-7.3で訪れていた旅先で哀しい夢から目覚めたナルト・・・添い遂げられなかった過去世の二人の想いは、現世の二人が未来へと運んでゆく――。


自分で描いておきながら何だけど、第4章と終章のラストはわんわん泣いた(-_-;)。本編の二人のお互いへの深い想いと執着心へとつなげたいんで悲恋物語として描いたけど、サスケを死なせるのはこれっきりだわ・・・。で、ワタシの性格上、悲恋のまま終わらせたくないんで未来のプロローグとして、このエピローグを描いた。


これにて、第2部へとつながってゆきます――。

関連記事


★いつも応援ありがとうございマスっ(*´з`)☆